スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⑮霧の正体

「やはり他社のカタログから作品を引上げないかぎり本契約はできないということです」
「そうですか・・」
「あちらではそれが常識になってますから、仕方ないのでしょう」
「例外的な措置もないということですね」
「もちろんそれは私なりに掛け合ってみたんですが・・。完全独占契約はそれだけシビアなものだということですね」
「PPSの方も同じなんですか?例外的というか何というか・・」
「駄目みたいですね・・。とにかく5年間はカタログの解除が出来ないということでした」
「まいったなあ・・困りましたね・・」
「本当に困りました・・」
「僕がカタログのことを黙ってれば良かったのかもしれませんね・・」
「そうかもしれませんが・・それはやはり良くないでしょう」
「そうですね・・嘘をつくことになりますからねそれは・・」
「私もカタログの事を知った以上、やはりどうしても隠せませんし・・」
「なんとかなると思ったんですが・・」
「私もそう思いました・・」
「アメリカの本社が契約に厳しいことは理解できますが、日本のPPSが厳しい事を言うのは、正直どうかと思います。・・あの契約は一方的過ぎて、プロとして何かやっぱり問題が有るんじゃないでしょうか・・」
「そうですね。厳密には法的に私もどうかと思いますよそれは・・」
「法的な解決を求めるというのはどうなんでしょうか?」
「あちらではそれも有りですが、ここは日本ですからね、それはちょっと・・」
「やっぱり、それは違いますか・・。」
「あっちは何でもビジネスライクで進みますが、日本の場合はそうも行かないですからね」
「感情の縺れみたいなことですか?」
「まあ、それもありますよ」
「PPSは僕を手放したくないということでしょうか?」
「さあ・・それは私にはわかりません」
「イメージバンクはどうなんですか?」
「それはもちろん契約したいと思っています。よっぽどのことですから」
「でも、それには障害が・・」
「そうですね。ちょっと困った障害のようで。本当にまいりましたよ」
「芳賀さんは、何か板挟みみたいになってしまって困りましたよね・・」
「いえ、これは単に私の力不足に他なりません・・」

 契約直前に発生した問題解決の交渉結果の報告を伺いに、その日銀座の支社を訪れた私だったが、その足取りは軽くなかった。アポイントを取る電話の口調でそれが思わしくないという雰囲気が既に伝わっていたからだ。
 
「・・・・」
 私は、彼のその言葉を聴いて暫らく声が出なかった。
「いえ、そんなことはないと思います」
「・・・・」
 本当に困り果てて憔悴している様子の彼は、私の前で黙って項垂れていた。契約話を持ちかけてきた時の彼とは違い、まるで別人のように、それはそれは小さく見える。

「僕はどうしたらいいのでしょうか?」
「とにかくカタログの問題が解決しないかぎり本契約ができないということです」
「5年経ったら解決するということですか?」
「そうですね。それ以外に解決は考え難いのが現実です」
「訴訟なんて考えられないし、嫌な事ですからね。解決策とも思えませんし」
「・・・・」
「僕は5年待つ事になるのでしょうか?」
「イメージバンクと本契約を結ぶにはそれしかないようですね。残念ながら・・」
「・・・・」

 私は言葉を失って、目の前の社長の姿が見る見るうちに遠ざかるように小さくなって行った。そして次に発せられた彼の言葉は、まるで蚊が鳴くような小さくて、聞き取れないほどのものになっていた。

「本契約を抜きにして預かってもいいですが・・」
「・・え・・よく聞こえませんでした・・どういうことですか・・?」
「ですから、本契約は諦めて、私が任意で預かるというのはどうでしょうかと・・」

 考えれば有り難い話かもしれないが、その時の私にはそうでもなかった、彼のその言葉には力強さというものが全く感じられなかったからだ。そして、その真意を確かめる必要があった。

「それは有り難いことだと思います。だけど、どんな契約関係になるんでしょうか?」
「・・・契約関係ではないと思います」
「そうですか・・独占契約でも当然ないんですよね」
「・・・それはそうです」
「PPSは、僕にとってイメージバンクよりウチの方がいいと言ってましたが・・」
「藤田さんがそう思うのであれば、そうしてください。私には止める権利がありませんから」

 その言葉はけっして強いものではなかったが、若い私が失望して突き放された気持ちに陥るには充分だった。それはまるで足元の梯子を突然外されたような感覚だった。あの時やあの時とそれは同じ感覚に違いなかった。
  私は、その時、彼から少しでも強い言葉を聞くことが出来ると思ったのであるが、叶わなかった。それを期待する事が甘いのかどうか、分からなかったが、私はたしかに彼に期待していた。私にはその時それが必要だった。

「いえ、僕は、本当にどうしたらいいか、分からないんです」
「私も分からない。困りましたね・・」
「PPSには既に解約を申し出てますし、イメージバンクの本契約も事実上無かった事になってますから、僕はまたニュートラルになっちゃいました。僕が望むのは、作家としてマネジメント委託ができる完全独占契約の関係なんです。・・つまり5年後にまたそのチャンスは巡って来るということですね・・」
「では、私もその時を楽しみにすることにします」
「僕は楽しみなんかじゃありません。残念なんですよ・・」
「すみませんでした。私も本当に残念です。お力になれなくて申し訳ありません」
「いいえ、芳賀さんの尽力と思いの程は分かっていますのでご心配なく・・」
「・・・・」

黙って深々と頭を垂れる彼の姿は、私の目に決して美しいものには映らなかった。なぜならば、その姿には何か安堵のようなものが見てとれてしまったからだ。
 それは、一つにはこの交渉の難易度を物語っているのだろうが、それ以上に何か大きな精神的な障害物がそこには有ったに違いない。そして、それが何であるのか、その時の私にも既に充分わかっていることだった。

 『本物の自我』そんな言葉が何時の頃からか私の中に芽生え、友との本物談義の最後には決まってそれに行き着くのであった。そして、それを自己の中で完成している本物の大人というものに憧れて、「自分もそれを物にしたい」と無心に願うのであった。
 しかし、それが並大抵ではないことを、特に恋愛体験の中から既に学習していた。
 それを乗り越えて初めて本物になれる。それは確かに大きな障害に違いない。私には何時もそれに真正面から立ち向かい挑む覚悟が出来ていた。「本物」の探求こそが私の冒険の真髄であり、醍醐味だった。しかし、他者にそれを望むのは間違いなのかもしれないのだと、そのとき思った。
 そして私自身もそれを肩の荷から一度下ろすことにした。
 
「この度は残念でしたが、5年後にまた来ますから、その時には是非宜しくお願いします」 
「そうですか・・私も本当に残念です。楽しみにして待っていますよ」

 彼の表情には、無念よりもやはり安堵感が浮かび、正に肩から大きな荷物を下ろしたようだった。そのとき最後に力弱く伸ばされた彼の手を私が掴んでいたら、どうなっていただろう・・。
 今となっては分からないままだが、曖昧の霧にまた包まれたりして大したことにはなっていなかっただろうと思ってしまう。
 そして、日本経済の激変と、その後に襲う津波のようなデジタル化の嵐などもあり、業界の地形が一変し、結局それが彼との最後になった。
  しかし、その時私は、確かにこの世界の誰も知らない頂に一瞬だが立つことが出来た。それは間違いのない事実であって、それだけで私は充分と思えるのだった。


「カタログの件でイメージバンクとの契約は叶いませんでした」
「承知しております。残念でこざいましたね・・」
「5年後にしか契約できないということです」
「どうされますか?私どもとしてはこのまま契約継続でもよろしいですが・・」
「最初に言われたとおりイメージバンクよりもPPSの方が良いのかもしれません。成り行きでそこへまた戻れるのなら、僕は考えてもいいと思っています。どうなんでしょう。可能なんですか?」
「充分に可能でこざいます」
「独占契約じゃなくてフランクな契約なんですよね・・」
「はい。説明しましたとおりウチは独占はいたしません。契約を続行いたしましょうか?」
「契約をするとなると、いくらフランクとは言っても、僕の場合、ある程度の信頼関係は確認したいと思います。ああいう事があったことでありますし。とにかく、いい加減な関係は性分に合わないんです・・」
「どうされますか?」
「5年後にまた解約してイメージバンクに移るという前提だと、その辺が心配じゃないですか?信頼関係・・」
「心配ありません。契約する以上、そのような事は関係ありません。会社の業務として預かった商品は売らないといけませんから」
「ビジネスライクということですね。素晴らしいじゃないですか」
「素晴らしいのではなくて、それが常識なのでございます」
「そのことが計約書に書かれていればいいのですが、それは無理なんですよね・・」
「そうでこざいます。それは前にもお話しました」
「ははは。そうでした。本当に最初に戻ったようですね。これは」
「うふふ。そのようでごさいますね」
「だけど、あの後イメージバンクの本審査に通ったという実績が僕には付きました。その辺り売り込む方にも自信が付くというものじゃないですか?」
「そうでございますね・・しかしウチとは関係のないことですから。ウチは最初から契約を望んでおりますよ」
「そうですね。有り難いと思っています。5年後にイメージバンクへ移る必要がない事を望みますよ。僕は。」
「ふふふ。私どももそうなることを願っております。契約続行ということでお宜しいですね・・」
「はい。そういうことで、改めてよろしくお願いします」

 彼女の輪をかけたような事務的な口調が少し気になったが、その笑顔には嘘がないように見える。とにかく上機嫌な様子なので、それで良しとした。もしかしたら、それが単なる優越感から来るものかもしれないし、本音とは別の建前にすぎないかもしれない。本音は「今更になって泣き付いてきた間抜けをどうしてやろうか」という楽しみかもしれない。もしそうだとしたら、この女は悪女だ。いや、まさか、そんなことが有るものか。私には彼女の本音が分からない。とりあえず、建前でかまわないから、それを大事にしてそれで営業してくれと、望むことにした。そして、当然ながら、その望みは殆ど無いに等しい極めて小さいものに違いなかった。
 「預かるのだから売りますが売れるかどうか分かりませんよ」「特に期待しないしここだけじゃないからいいですよ」・・それにしても、なんという気楽。なんという空虚。これが曖昧関係というものか。やっぱ私にはり馴染まない。
「預かるのだから売りますし売れるように勤めます」「ここだけが頼りですから期待しています。」と行きたいものだ。

 そのとき立ち込めた山頂さえも覆い隠す白い霧の正体は、やはり「曖昧」であった。それは私にとって生涯の宿敵であり、それと対決して成敗するのが私の冒険の醍醐味に違いなかった。ハッキリとしたら困るものを覆い隠すために、油断するとそれは必ずやって来る。そして本物を隠してしまう。「本物は疲れるだろう。楽になれよ」と甘い誘惑をする。分かっていたことだ。そして、それを周りから散らして晴らすことこそが、私の青春の生甲斐に違いなかった。
 あの時、私は確かにその手が届かない場所に辿り着き、山の頂に立つ筈だった。しかし、もう本当に後一歩というところで、我が身は見事に霧に包まれて、その戻り路さえも見えなくなった。
 しかし、それは何もしなければやって来ない。真実や本物などというものに拘らなければ・・。曖昧を美徳として見方に付けることは、私には出来ないが、この世界の戦いはもう止めにしよう。今ここで。
 たとえまた行く先で霧に覆われることが有って、戦う日が来たとしても、私は挫折も失望もすることはない。信実さえ見失わないかぎり。・・そしてそれは、その上には澄んだ青空が広がっていることを知っていて、何時の日かそこで本物の相手との出会が叶うと信じることが出来るからに違いなかった。

 そして、今、結論を出そう。「この山には本物は居ない」という結論を。それは、じつは何時の間にか私の中で芽生えた想定内の結論だった。あの社長は確かに限りなく本物に近かった。厳しいようだが、しかし残念ながら若い私が望むそれではなかった。いや、もしかしたら彼は本物になり損ったのかもしれない。そして私も・・。
  そういえば秋山庄太郎との出合も霧の中のことだった。氏に対して私は特別なリスペクトは元々なかったが、頂いた序文はそれは有り難く、それによって私の作家としてのステイタスは早くして確立したことに間違いはない。だから、けっして積極的ではないが、最低限の礼は尽くしているつもりなのだった。暑中見舞いと年賀状の葉書は欠かすことなく、近況を報せたり、とうぜん御礼の書簡も出した。しかしながら、本人からは何もなく、写真展やレセプション等の催しの報せも来たことがない。そこでその意味を考えると、やはり或る回答へと辿り着く。その序文はやはり誰もが驚く異例中の異例であって、それは私にとって胸踊る鮮烈な出来事に違いなかった。だがそれはまるで一瞬の奇跡でしかなかったかのように、その真意は何時の間にか曖昧の中に埋没してしまうのであった。その後彼は何人かのアマチュア写真家に序文を書いたりもして、私との関係性は遠退くばかりになって行く。あのとき感じた「本物は本物を呼び寄せる」「私の周りで何かが変わる」という実感は甘い幻想に他ならなかった。そうだ、私も氏も曖昧に負けたのだ。

 本物を探す旅路は此処で終わりだ・・そう思うと、霧は見る見るうちに引いて行く。なんということはない。このままでは戻り路さえ見えず、下山をするにも遭難してしまうだろう。とにかく止めだ。
 そうだ。下山だ。登頂の挑みから離脱するという意味である。この山で本物を探すのはとにかく止めだ。時間の無駄に違いない。しかし、時を戻すことが出来ないように後戻りはもう出来ない。いや、するつもりも私にはない。
 「この山に本物は一人も居ない」・・その結論に誰が異論を唱えられようか。「何を指して本物と言う」・・それが問題ではあるのだが。
 とにかく、そのとき私は、この山に憧憬を抱くことができなくなった。私には、どうしてもその登頂の価値をこれ以上そこに見出すことが出来なくなった。
 もしかしたら、この山の本当の頂が、未だ誰も知らない所にあって、陽の光に照らされて美しく輝いているのかもしれない。あの日、麓の野原で、友と見て憧れた美しい山、その本当の頂がそれかもしれない。
 もう少しというところで白い霧に儚くも消えた頂のその上の世界、そこにそれは有るのだろうか。
 何にしても、思えば、ここがこの山の頂上だとは、見るかぎりどうしても考えられない。

 そしてもしかしたら、ここが日本である以上、それはどの山でも同じことなのかもしれないが、本当に本物しか輝くことが出来ない美しい山がこの国に有るのも確かなのだろう。目指した山がそうではなかったとしても、この山に本物が居ないと言って残念がったところで、それがどうした。そもそも取るに足らないことだろう。
 巡り会わない不運を嘆くにしても、この小さくて偏狭な世界では滑稽なだけだ。どうせなら、もっと大きな山へ登って、そして出来れば、自分が本物になったところで、初めてそんな言葉を吐いてみたいものだ。
 もちろん、このときの若い私が言う本物とは、本当の本物、つまり本物の中の本物のことである。そのようなものがこの世に多くある筈もないのであるが、憧れて何故わるい。挫折するのが青春だとしても、私は憧れを捨てたくはない。
 山を目指したもっと若い日に友と語った本物談義が懐かしく思い出される。思えばそれはそれは無邪気なものだ。幻想のような理想郷を描いていたのだ。その世界では、山の頂には本物だけが居て、当たり前のように偽者は皆ことごとく挫折して行く。それが自然の摂理に違いないのだと、信じて止むことがないのであった。

 本物はことごとく偽物に負けて、もしかしたらこの世はとっくに偽物の天下になっているのかもしれないとい。そんな悲観論がじつは私の中に芽生えていだが、その一方で、それを打ち消す楽観論も密かに持ち合わせているのであった。
 もしそうだとしても、それは本物が自信を失くして下を向いているにすぎない。その彼らが自信を取り戻して一斉に上を向く日が来れば、世の中はいとも簡単に一転するに違いない。所詮、偽物が本物に勝てる筈がないからだ。そもそも偽物の天下など長く続くものではないし、偽物たちは、自分たちが隠した本物の台頭に何時も恐れ慄いているにちがいない。人の本能の基本は、元来、真実や本物を求めるものなのであり、つまり人の本質は自然であるということだ。
 
 偽物や曖昧の霧を寄せ付けない、そんな本物に私は憧れたのだが、とにかく出会う事も成る事も、やはりそれは至難のワザだ。そもそも独りで何が出来る。誰一人の理解者にも恵まれずして何が出来よう。「孤高の人」「無冠の帝王」に憧れても、現実は、その前に煙たがられて爪弾きにされ、病床か水面下、片隅に追いやられてしまうのが落ちである。勘弁してくれ。 そんなことなど分かっているから。
 そういえば、木原和人の死因は胃癌であった。彼こそ私が最初にこの山に見た本物の憧れの象徴だった。そして彼は確かに一匹狼であった。一足違いで山に来た私は、至る所で彼の足跡を見つけ、いつしか同じ坂道を歩いていたのだ。このままでは同じ運命を辿り同じ病に侵されるかもしれない。本物への路が険しいのは当然なのだが、そこに有る障害物は、物理的にも精神的にも一筋縄では乗り越えるものではないようだ。
 失望が有っても、絶望と挫折は私には無縁であるが、一度その荷を下ろし一休みしよう。下山は楽しいぞ。・・もしかしたら、やはり私は疲れたのかもしれない。

 そういえば、相棒からの情報で知った事だが、私はカレンダーが決まってから天狗になっているという評判らしい。写真家の陰口は私も時々耳にしていたので不思議でもなかったが、理解を求める気さえ、もうすっかり私の中で消え失せていた。
 その頃、彼は、持ち前の明るく軽妙な社交性を発揮して、私の頂上を目指す写真家路線から離れ、この山のお花畑を飛び回る働き蜂のように何の拘りもなく楽しく活躍しているようだった。メーカーや写真雑誌社に小まめに顔を出し、口絵やセミナーの仕事をこなして、とくに写真教室などでは大いに好評を博しているようだ。
 しかし、その反面、「本物なんてここには居ないぜ」などと、軽く吐き捨てるのだから、それは少し面白い。

 とにかくもう、本物をこの山や他者に求めることを私は金輪際しないことにしよう。何処かに居る筈だとしても、出会うことが無ければそれ迄だ。それを期待するにしても、やはり自分が本物になるしか道はない。それにはもっと本物の作品を作るのだ。それが私に残された夢に違いない。確かに未だ作り足りないものがある。それはもう少しで本当に完成する筈だ。・・もしかしたら私は未だ充分に若いのかもしれない。・・しかし、そのとき浮かんでくる歌は、「道草」ではなく、「さらば青春」なのだった。そして私の夢の旅路は、けっして終わるものでもなかった。
 だがやはり、私には、この山でやらなければならい事が未だ残されていた。 
スポンサーサイト

⑭山頂の霧

「本契約をするとなるとPPS社とは解約してもらうことになりますが、宜しいでしょうか」
「はい。あちらは独占契約でもないですし、引き止める理由もないでしょうから」
「では、早速あちら様には解約を申し出て下さい。それから契約という事になります」
「わかりました。明日にでも解約手続きをすることにします」
 
 PPSには一年ほど預けても成果が全く出ておらず、そこからの収入といえばカタログ掲載による売上だけだった。一冊の新しいそのカタログには、私の作品が30点ほど採用されていて、平均毎月3万ほどが契約口座に自動的に振込まれていた。多い月で6万、少ない月は1万で、0の月はなく、甥子の時よりは大そうましで喜ぶべきことである。私の作品はどれもトリミングの余地が全く無く、デザイナーが使い難い物なので余り期待していなかったが、まあそれなりの結果ではあった。
 PPS社はさほど力を入れていない様だが、その時は未だカタログ主流の時勢なので、単一ながら他社に見劣りしない出来栄えになっていた。しかし、外人の作品が多く、そのターゲットは限られたものの様に見受けられるのも確かであった。図らずもカタログ時代の恩恵を受けることになった私は、少し期待させてもらうことにした。
 そして、その時私はカタログの事を話していなかったことに気付いて話すことにした。

「そういえば、PPSのカタログに僕の写真が採用されているんですが、それはどうなるんでしょうか?」

 社長は、それを聞いて特に驚く様子もなく、書棚から何冊かのカタログを取り出してきて、それを私に開いて見せた。
「これを見てください。契約を途中解約した場合、自動的に作品はそこから撤去されることになるんです」

 そのカタログは、本社や他社の米国のもので、それは分厚い綺麗で立派なものだった。カタログ商法も、やはり日本より先に発達していて、年季の入った物のようだった。そして、その開いたページには、写真に×印が付いたものがあり、けっして少なくないのであった。

「この×印の写真は、全て解約した作家の作品なんです。こうなるだけのことですよ」
「はあ、そうなんですか。珍しい事じゃないんですね」
「そうです。原則自由契約なんですから、移動して自分に合った所へ移動するのは極めて日常的なことですよ」
「日本でもそうなんでしょうか?」
「前例が無いですが、大丈夫でしょう。なんとかなりますよ」
「わかりました。明日にでも早速解約しますので、よろしくお願いいたします」

 社長のしっかりとした笑顔に、その時私は大そう安心したものだ。
 しかし、「前例が無い」ということが、その時の私の心の片隅に引っかかり、一抹の不安が芽生えたことも確かであった。そしてその夜、PPSの契約書を取り出して読み返すことにした。読み返す、といっても、やはり1ページだけのそれは簡素なものである。解約条項は特別に無く、契約期間が3年で自動更新するということだ。しかし、カタログに関しては別紙が送られていて、それも半ページという極めて簡素なものだが、そこには気になる条文が記されていた。
 『甲乙の関係にいかなる事が生じてもカタログ掲載の作品の独占販売権は発行より5年間乙が有する』というものである。つまり、途中解約してもカタログだけは途中解約できない、ということであるようなのだ。
 契約の時、私の中には他へ移ったりして途中解約する事の想定など微塵も無く、「相変わらず一方的な契約だな」と思ったものの、「ここも日本の会社なんだな」とすっかり諦めの境地で、特に異論を呈する気なども全く無かった。異論を呈したところで、改善するものでなく、関係が悪くなるだけだという事が目に見えていた。そもそも、あれだけの事を言われて、ここが当て外れの結果になる予想など私には出来るものではないのであった。これ以上のエージェントが他に有ることも知らないのであった。
 私は、そのカタログに×点が付けられるかどうか少し不安であったが、とりあえずとにかくPPSに解約をを申し出た。

「解約しなくてもいいのではないでしょうか?うちは独占しませんし、他と契約しても、ご自分でやられても構いませんよ。そのままでいいのではないでしょうか?」
 彼女は終始いたって冷静で、微笑みさえ浮かべてそう話す。
「そうも行かないんです。どうしても解約しなければならない事情があるんです」
「何でしょう?」
 冷静だった彼女が初めて驚いた様子を見せた。
「じつは、或る所が僕と契約したいという話が合って、そこは完全独占契約なんです」
「それは、どこのエージェントでしょう」
「イメージバンク・ジャパンです」
 その時の彼女の目が真ん丸になったのは言うまでもない。
「本社の作家本契約の審査が通ったもので、この機会を大事にしたいんです」
 彼女は冷静に勤めていたが、その動揺は隠しきれるものではなかった。
「イメージバンクは知っております。うちの良いライバル社です。あそこは海外では強いでしょうが、日本国内ではウチの方が強いですよ。その辺の事を良くお考えになった方がよろしいと私は思います」
「すみません。これはもうよく考えた結果なんです。軽はずみで言うことではありませんので」

 飛ぶ鳥あとを濁さず、なので、これ以上の話はすまいと思ったが、どうしても話さなければならないものがあり、それはカタログについてであった。

「ところで、解約させて頂いたとして、カタログの掲載作品の扱いはどうなるのでしょう?。契約書には途中解約してもカタログの契約は発行から5年間できないとありますが・・」
「そのとおりです。本契約は途中解約できてもカタログの方はできません。契約書に御同意されている筈ですが・・」

 彼女に冷静さが急に戻って、私は想定内ながら少し焦った。そして、これは何としてもクリアしないと駄目だと思った。
「その事なんですが、その点なんとかならないものでしょうか。イメージバンクの話では、解約と同時にカタログから撤去するのが慣例で常識ということなんですが・・」
「あちら様の常識は私どもには分かりかねます。それは非常に困難だと思われます。そのような常識も前例も、私どもは持ち合わせてはおりません」

 彼女の抑揚のない冷静かつ事務的な口調に、私は少し戸惑った。私を手放したくないのかどうか、その本心が分からなくなった。
「契約書の最後に『条項に疑義が生じた時は穏便に協議して解決する』みたいのがありますが、なんとかならないのでしょうか?」
 彼女の事務的な口調は変わらなかった。
「そうでこざいますね。できればなんとかしたいのは山々なのですが、こればかりは難しいものと私は思います」
「それは難しい話だと僕も思ってます。だから、その上でなんとか解決できないかということです」
「カタログを解約して撤去しないと、あちらとは契約できない、」ということなのでしょうか」
「そういうことです。あちらではそれが常識で通例らしくて、そんな難しい話じゃないと思ったんですか・・」
「いえ、これはかなり難しい話だと、私はやはり思います」
「難しいことはよく分かりました。余程の事として是非解決したいと思います。宜しくお願いいたします」

 私は、今ここで解決できる問題ではないと分かって、仕方なくこの日の話はそれまでにした。最後に私を出口へと送り、笑顔で深々と御辞儀をする彼女は、その欧米的な会社の洒落た容姿とは裏腹に日本の会社の日本人そのものの佇まいであった。

「そうですか・・。これは少々面倒ですね。私としても、本社に掛け合ってカタログをそのままにして良いか調整してみますが、できればPPSがそれを許してくれると良いんですが、・・それはどうなんです?」
「それは、もちろん僕も頼んでみました。・・担当の人はかなり難しいと言っていまして、検討するみたいなんですが・・」
「分かりました。私が両面でなんとかなるように頑張ってみます」
「そうですか・・。すみませんが、どうか宜しくお願いします」

 イメージバンクの社長は、すこし曇った表情ながら、その言葉には強いものがあり、私はこの人に一腹の信頼を託すのであった。 
 それにしても、あの契約書は何なんだ。たった一、二枚の薄っぺらいものに書かれている事は、考えれば一方的に会社側に都合のいい事ばかりなのである。売れたら売れた時。売れるかどうかは分からない。売上の配分と支払い方が明記してあるが、契約作家にとって肝心なものが何も記されていない。本当に売れるのだろうか。どれだけ売ることに尽力してくれるのだろうか。心配のままである。あの甥子の所と何も変わってなどいない。契約できるのだから、それだけで作品の価値を認めていることになっている。しかし具体的なはっきりとした評価の言葉が一度も聞かれない。

 それはまるで「好きです」と言わないまま、「本気で好きな本命同士かどうか確認し合わないまま付き合う、曖昧な日本的な恋愛関係のようである。なんとなく本物気分で気楽に楽しくやれればそれでいいのだ。
 完全独占契約ではないので気楽な付合いなのだろうが、その裏で、じつのところ「ウチだけにしてほしい」という本音を漏らす。「ではそうしますよ」と本音で返した私であったが、その本音の取り交わしがどれだけ有効なものなのか、問題はそこにある。

 本音と建前を使い分ける社会は、日本独特の慣習に違いなく、欧米人にはどうしても理解できいなままのようだが、そこには、じつは日本人ならではの独特の美意識のような美徳があるのだと私は理解している。
 日本社会に於いては、個人ではどうしようもない、どうにもならない集団の掟が何処にも有って、それに従う理不尽の捌け口がそこには有るのではないか。集団社会の掟に縛られたまま、逆らえず従順に生きる弱い人間の自然な知恵が、そこに有るのではないか。・・それはつまり、事前に本音を伝えることで、実際に施す処遇の理不尽について、その呵責の許しを得ようとするものである。
 本音は本心で、建前はそうでない。欧米社会には「建前」に該当する言葉が無く、「TATEMAE」は日本独自の概念である。家を建てる際、柱等の骨組みが完成した時にそれをお披露目する祝賀の儀式が由来で、そこには何の手抜も偽りも無い事を示す大工の心意気というものがあった。つまり、本来「建前」とは施主(相手)に本音を見せる儀式なのだった。そして施主は大工を信頼し完成した家に疑念も持つことなく満足するのだ。しかし、そのような「建前」の「本音を見せる」という儀式と概念は、日本の近代資本主義社会に於いて次第に形骸化して、本来の意味を喪失、そこに有る筈の「本音」は何処かへ行ってしまうのであった。但しそれは消えたのではなく裏へ回ったということだ。儀式や形式の形骸化は、本質を見失うと言う意味で、どの社会においても有りがちな災厄の元であるに違いない。
 日本の集団社会は表面上建前と建前で成り立っており、建前の裏に本音があることを社会常識として認識し合い、必ずしも本音通りに物事が運ばない事を世の常として許容する社会がそみにある。つまりそれは、個人にとって理不尽な集団の掟に従うことを、お互いに暗黙で理解して納得し合あおうという、悲しい日本の文化的慣習なのである。そして、「建前」の中に「本音」が含まれることを信じ、それとは違う結果を慰め合うという美徳がそこにある。
 
 しかし、それを逆手に取れば、その本音と建前の使い分けは、善意の美徳を装った悪意の偽計にも使われかねない危うさがあるから困ったものだ。欧米人が言うところの、いわゆる「二枚舌」ということになる。
 義理と人情の板ばさみ・・人情を忍んで義理を通すあの高倉健の男の美学は誰の目にも鮮やかだ。義理の美徳を悪徳に裏切られ、最後の最後に「てめえらに義理もへったくれもあるもんか」と言って抑えていた人情の怒りを爆発させる仁侠映画の爽快さにはたまらないものがある。義理とはつまり形骸化した建前であり、人情はつまり本音であるということは言うまでもない。

 寡黙で不器用なな日本人の男の美学を自らも貫いた健さんの急逝は、今、日本中に大きな衝撃を与えているが、一つには、それは日本人が誰でも日常的に同じような境遇に置かれているからに違いない。美徳を信じ黙って自分の本音を抑え生きているのだ。・・健さんの冥福を心から祈りたい心境である。

 建前という概念が無い欧米社会では、本音が個人の行動原理の全てであって、集団社会に於いてもそれは一向に変わることがない。個人間においても、集団社会においても、極めて単純明快な人間関係がそこにある。
 契約前に話した自由な会話に本音が含まれていても、契約の際にはその認識が一致するとは限らない。そして、その乖離が想定できる場合には、肝心な部分に於いて安全の為に曖昧な言葉を遣うことになる。
 「義理」や「恥」がしっかりと社会規範として機能していた一昔前の日本は、独自ながらそれなりに成り立つ社会であったが、そのどちらもが希薄になった現在、そこに在る災厄の危機には計り知れないものがある。

 それらの古い規範の代わって発生したのが、つまり「曖昧」という新しい美徳なのである。義理と人情、建前と本音、その相反する板ばさみを避けるための知恵として、それは生まれた。日本社会のグローバル化によって、そのような古い常識が通用し難くなったことで、それに代わって自然発生的に誕生した人間関係の手法なのである。そして、それは瞬く間に日本の社会の隅々へと伝染し蔓延して行くのであった。
 そして、各方面場面における日本社会の諍いや混迷の原因の一つがここにあるのではないか、とも考えられる。

 余談であるが、拉致問題で北朝鮮の曖昧な対応に苦戦している日本の官僚や政治家の姿を見ると、それがどこか滑稽に見えて仕方ない。得意分野で完全にそのお株を取られてしまっているのは確かにおかしい。それはまるで本音と建前、曖昧の手法の限りを尽くした戦いを見ているようだ。そして、日本は完全に後手後手に回されている。「本音と建前」を遣い分けたり、「曖昧」によって解決して来た、そのしっぺ返しに遭っているのかもしれない。
 何をやっているんだ、と思わず言いたくなってしまう。建前の裏にある本音を考えて期待する日本人の美徳が、悪徳の前では何も通用しないという事に気付かないのかと。・・もしかしたら、あの人たちは「いい人」なのだろう。しかし、「いい人」とは、得てして大よそ頼りないものなのである。
 強くて悪い日本には戻ってもらいたくないが、頼り甲斐のあるいい人が何処かに居ないものかと、また思ってしまう。
 
 そもそも日本は、「契約社会」ではなくて「口約束」の社会であった。口に出して交わした約束事は必ず守る不文律の道徳としての社会規範が日本には古くから有って、それが見事に伝承されてきたのであった。「武士に二言は無い」「一度口から出たものは二度と戻せない」と言うように。それは、日本人の古き伝統としての「恥」の規範に基づいていて、「恥を知る」日本人ならではの社会規範に他ならない。かつて日本人の心は極めて美しいものであったのだ。
  しかし、集団の掟に盲目的に従い続けるこの国の個人の非力の悲しさは、けっして誉められるものではないのだが・・。もしかしたら、日本人の優しさというものは、個人の弱さ、差し詰め「自我の脆弱」ゆえのものかもしれないとさえ私は思う。

  しかし、そのような日本人の精神の機微は、人格の二面性にも見えて、欧米人には二枚舌としか考えられないようだ。
当初、日本人を相手にした米国人の営業マンの多くが理解不能でノイローゼになったということだ。商談が成立すると確信していたところ、全く逆の結果になったりして自信喪失、人間不信に陥るというものである。
 かつて、日本と対戦することになった米国が国をあげて日本人の精神構造を分析研究したことがあり、その成果が「菊と刀」という文献として著されている。その学説は世界的定番として今もバイブルのような存在として有名である。集団主義、個人の自我の二元性、義理と人情、恥の規範など、後の日本ブームの比較文化論の原点がそこには既に記されている。

 前にも云ったが、私は学生時代に第一次の日本論ブームに遭遇して、その手の書籍を読み漁ったことがある。それまで日本は世界一平和で全てに於いて優れた文明国だと信じていたのだが、疑問符の灯りが点灯して、それが消えなくなるのであった。
 相棒と出会ってから、私はちょうど絶好の話し相手を得たように、日々二人の間で日本人論の話に花が咲くのであった。
 彼は、私よりもずっとノンポリで、何時も聞き役専門であった。いい迷惑かと思ったら大間違いで、私の話に面白いほど喰い付いて来て、話は無限大に尽きないのであった。毎日のように名古屋の栄町の地下街を歩き回って、疲れたら喫茶店に入り、話が尽きず梯子となった。コーヒー一杯で居続けるのが気まずくなって店を転々とするわけである。
酒も煙草も無縁の二人は、コーヒーで大いに盛り上がり、それは楽しい思い出である。話は文化論だけでなく、恋愛論、映画論、写真論と、話題は尽きないのであった。その中でお互いの恋愛事情(?)の話が一番長いのは言うまでもない。
 アルバイト以外社会に出たことのない地方の二流工業大学の落ちこぼれ学生が、喫茶店やファミレスで無心に延々と社会や文化の論説を語り合う姿は、なんと滑稽なことであろうか。今から思い返しても、可笑しな光景であるにちがいなく、これはもう笑うしか救いようがない。しかしながら、そのお陰で、日本の社会に出て、アメリカ人のようにノイローゼにならずに済んだことは事実で、無駄ではなかったとは思う。

 とにかく、そのような曖昧な契約書に私が同意したのは、ここが日本で、他に選択肢が無く、異を唱えても建設的な結果は望むべくもなく、嫌われるだけと分かっているからである。要望(本音)は最初の日に伝えてあるので、そこは日本的な美徳の流儀に則って黙って引っ込めることにした。もしかしたら初日に既にもう嫌われていたのかもしれないが、そのような雰囲気は全く感じ取れず、寧ろそんな私を理解してくれているのだろうと思ったものだ。やはり私の本質は天性の楽天家なのである。そして、この問題も、必ず上手く解決できるものと信じて疑わないのであった。

「PPSは契約書に明記してある以上、5年間カタログからの撤去は不可能のようですね」
「契約書を破棄することはできないのでしょうか?」
「そうなると損害賠償を請求されそうなので、困ったものです」
「話し合いは決裂したのでしょうか?」
「そういうことですね。契約書の存在が大きいんですよ」
「僕は、あの契約書には問題があると思います。一方的すきで何かおかしいと思うんですが・・」
「そうかもしれないけれど、それにしても訴訟問題になってしまいますから」
「訴訟なんて嫌ですね。それしか手段がないのでしょうか?」
「私も訴訟は考えたくない。契約書には気をつけてサインしないといけないということですね。これでも日本は契約社会なんですよ」
「それは分かっていますが、日本が契約社会などとは、なんか腹が痛いですね」
「あちらに比べたら赤子のようですが、法治国家で、一応は契約社会なんですよ」

 社長がPPSと実際にどんな話し合いをしたかは分からないが、とにかく、どうしようもない厄介な事態になっているようで、彼の困った顔には尋常でないものが見てとれる。

「どうすれば良いんでしょう。カタログの契約だけそのままにする事は不可能なんですか?」
「本契約は完全独占ですから、それをもって全ての作品の販売権が本社のものになるのがあちらの常識、慣例なんです。
そんなおかしな契約書にサインしたのが非常識とも言われかねない。ああ、困ったなあこりゃあ・・・」
「すみません。一方的すぎておかしいと思いながらサインをした僕がわるいんです。その時はそこしか無いと思っていましたし。カタログが契約の障害になるなんて想像もつきませんでした。本当に申し訳ありません」
「私も想像できませんでした。撤去は常識のものと思ってましたよ」
「前例の無い事態には前例の無い対応があるんじゃないでしょうか?」
「そうなんですよね。特別に何とかならないか、私は本社に掛け合ってみようと思ってますよ。少し待って下さい」
「すみません。どうか宜しくお願いします」
 
 社長の表情からそれがけっして容易いことではないことが私には充分に分かり、周りには見たことのないような白い濃霧が何処からかたちこめてきた。そして、その霧は、忽ちのうちに社長の姿さえも見えなくしていた。
カテゴリ
最新記事
プロフィール

sagapo5614

Author:sagapo5614
写真集「四季の肖像」の作者です。
プロフィルや作品はこちらのHPをご参照ください。http://mfnpf.jp/
下記リンク【四季の肖像】からどうぞ

リンク
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。